療育アドバイザーのご挨拶

吉田 しのぶ


つむぎ園 療育アドバイザー

中学校教諭としていくつかの中学校を経て、
知的・身体・病弱・視覚障害の特別支援学校の教諭を務める。
特支の現場で「子どものこれから」を肌で感じ、就労継続支援B型事業所、居宅介護事業所を立ち上げる。
相談支援専門員。臨床発達心理士。

 

 

子どもたちの幸せな未来に向けて

長い教員生活で、たくさんの子どもたちと関わらせてもらいました。

そして、卒業後の生活の方がずっと長いのだということに改めて思いをはせるようになりました。

子どもたちに誰もが願うのは、その子の幸せな人生だと思います。

その子が幸せな人生を送るためには、『人と関わる力』『集団の中で自分らしく楽しめる力』が自然に身についていることがとても大事なのだろうと思います。

ただ、特性を強く持つ子どもたちについては、そこへの理解と配慮をもって集団の楽しさや発達段階に応じた活動を経験する必要があります。

家庭を一歩出て、友達や先生と色とりどりの楽しい活動にびっくりしたり喜んだりする経験が、将来の生きる力の第一歩となると確信しています。

つむぎ園さんの理念や療育方針には、想いに通ずることが多くあり、どんな活動をどんな形で組み立てていったらよいか、自分のこれまでと現在の経験を最大限に活かし、お手伝いしていきます。